PAGE TOP

 OpenRTC-aist »

   
コミュニケーション知能モジュールパッケージ OpenHRI >> KinectAudioInput (マイクロホンアレイを使った音声取得RTC)

KinectAudioInput (マイクロホンアレイを使った音声取得RTC)

概要

音声入力デバイスとしてマイクロソフト社製のKinectを使用し、 KinectSDK を用いて音源の方向と周囲雑音の少ない音声信号を取得するためのコンポーネントです。
現在、このコンポーネントで取得できる音声データは、16bits, 16KHzに固定されております。

KinectAudioInput signal (TimedOctetSeq) angle (TimedDouble)

動作確認OS

  • Windows 7以上のOS (Windows for Kinect の制限によりVMware等の仮想OS上では動作しません)

依存ライブラリ

  • OpenRTM-aist : OpenRTM-aist-1.1.0-RC3(C++)
  • Kinect for Windows : Kinect for Windows-1.0

ダウンロード

このコンポーネントは、下記からダウンロードすることができます。 また、現在はソースコードのみがダウンロード可能であり、VS2010(Express Editionでも可)でのみコンパイル可能です。

データポート

名前フローポートデータ型説明
signal OutPortTimedOctetSeq
録音した音声データ
angle OutPortTimedDouble
録音された音源の方向

コンフィグレーション

名前データ型デフォルト値設定範囲説明
max_angle double0.3 -0.9〜0.9
録音可能な音源の方向の上限(Kinectの正面を0とする)
min_angle double-0.3 -0.9〜0.9
録音可能な音源の方向の下限(Kinectの正面を0とする)

使用例