PAGE TOP

 OpenRTC-aist »

   
Home Task Navi HRI REST_API
コミュニケーション知能モジュールパッケージ OpenHRI >> FestivalRTC (音声合成RTC)

FestivalRTC (音声合成RTC)

概要

Festivalは、英エディンバラ大学の「Centre for Speech Technology Research」で開発された、UNIXプラットホームの英語音声合成エンジンです。オープンソースで開発されており、言語データを用意すれば多言語の音声合成を行うことができる。 本コンポーネントは、受け取ったテキストデータをFestivalを使用して音声データに変換して出力します。

本コンポーネントは、OpenHRIVoiceパッケージに含まれます。

FestivalRTC text (TimedString) result (TimedOctetSeq) status (TimedString) duration (TimedString)

動作確認OS

  • Ubuntu Linux 14.04以上を推奨
  • Windows 7以上 (Windows10 を推奨)

依存ライブラリ

  • OpenRTM-aist : OpenRTM-aist-1.1.2-RELEASE(C++)
  • Festival : Festival-2.4以上を推奨
  • sox : sox-14.4.2

データポート

No Data Ports.

コンフィグレーション

名前データ型デフォルト値設定範囲説明
rate int16000 16000
出力される音声の周波数(16kHzに固定)
character stringmale male
音声のキャラクタ(男性に固定)
format stringint16 int16
出力される音声のフォーマット(16bitに固定)

設定ファイル

以前のFestivalRTCでは、外部音声合成プログラム(Festival)の場所や各種パラメータを固定していましたが、Festivalのインストール場所を設定ファイル(festival.conf)で変更することができます。
設定できる項目は下記の通りです。
festival.top_dir
音声合成プログラム(Festival)のインストールディレクトリ

使用例


資料