PAGE TOP

 OpenRTC-aist »

   
Home Task Navi HRI REST_API
コミュニケーション知能モジュールパッケージ OpenHRI >> BeamForming (指向性録音RTC)

BeamForming (指向性録音RTC)

概要

本コンポーネントはマイクロフォンアレイを用いたビームフォーミングを行うコンポーネントです。 推定された音源方向とマイクロフォンアレイの音響データから、周辺雑音を除去した音声データを出力します。
本コンポーネントは、OpenHRIAudioパッケージに含まれます。

BeamForming mic (TimedOctetSeq) angle (TimedDouble) result (TimedOctetSeq)

動作確認OS

  • Linux Ubuntuバージョン14.04以上を推奨
  • Windows7 以上 (Windows10 を推奨)

依存ライブラリ

  • OpenRTM-aist : OpenRTM-aist-1.1.2-RELEASE(C++)

データポート

No Data Ports.

コンフィグレーション

名前データ型デフォルト値設定範囲説明
SampleRate int16000 1以上
入力音声データのサンプリング周波数(Hz)
ConstAngle int0 0以上360未満
固定角度モードにおけるビームを向ける角度の設定 (deg)
Mode stringConst Const, Variable
ビームを固定角度に向けるか可変角度に向けるかの設定
ChannelNumbers int8 2以上
入力する音声データのチャンネル数